mayring*days

日々の戯言。
ガラスとお笑いが趣味です。
丹後・丹波旅行記 神戸編
最終日は神戸空港から帰ることにしていたので、
三ノ宮の格安ビジネスホテルに一泊。

せっかくなので神戸観光して帰ることに。
よく考えてみたら、中学の卒業旅行で日帰り旅行して以来の神戸!



風見鶏の館。



うろこの館・・・ってコレはダメでしょう!景観損ねすぎてます。



北野ガラス館。
水吉郁子さんのパウダーフュージングの小皿があったので、
1枚買おうかな?と思って見ていたら、
横から男性がすっときて、サッと即決して買っていったw
あっけにとられてなんとなく買いそびれたw(そういうこと、ありません?)



可愛い看板☆



あの生田神社にも行ってみました。



イラストがレトロ可愛い。



神戸ミレナリオ直前で、準備が進んでいました。

本当は、神戸での目的は「とんぼ玉ミュージアム」だったんですが。
言ってみたら意外と小さくて、ちょっと拍子抜けでした・・・^^;



いかりマークが!



とりあえず南京町にも行っておきました〜。



テイクアウトで北京ダック!
ネギが辛すぎて味よくわかんなかった^^;



フカヒレラーメン!これは美味しかった〜☆

というわけで、神戸の街も堪能して、帰路に着いたのでした・・・。



神戸空港から見えたたくさんのキリン。

おわり。
 
| 旅行・観光 | 20:41 | comments(0) | - |
丹後・丹波旅行記 篠山編
朝食を済ませたら、この日は篠山市へ向かいます。

以前記事にした「丹波焼のお皿」の陶芸家さんに、その後ファンメール(爆)を送りましてw
何度かメールでやりとりさせてもらっていたのですが。
“丹波篠山に来たら案内しますよ”と言ってくれたので、図々しくもお願いすることに。

旅に出る前に友達に「それ、すごくない?」と言われた私^^;
「さすがに図々しすぎたかなぁ」と直前になってドキドキしてしてみたり・・・。
というわけなので、この日はあんまり写真がありません。



ランチで連れていっていただいた「丹波裁ち切りそば 一眞坊
この渋い建物!大根とか干してあるし!お庭ではアヒル飼ってるし!絵本みたい。
そして室内は囲炉裏のあるお部屋。さすがに写真撮ればよかった^^;



これが裁ち切りそば。
そばがめっちゃ長くて食べづらいな〜と思ったら、それが特徴の蕎麦らしい。
のどごしがよいのだけど、コシが強すぎるわけでもなく、おいしかった♪



そして、おすすめの鴨わさ。白い脂のところが甘くておいしかった〜。
添えられた玉葱なとの野菜も甘くて!クレソンみたいな葉っぱは蕎麦の葉です。

お腹いっぱいになったところで、お土産が買いたい私のリクエストで
城下町に連れて行ってもらい、丹波の黒豆のお土産を買い込み。

その後はいよいよ丹波焼の街である、立杭エリアへ。
陶の郷、兵庫陶芸美術館を案内していただきました。

陶の郷では、60以上もある窯元さんの作品が一度に見れるようになっていて、超楽しい♪
ここで気に入った器があったのですが、せっかくなのでと、直接窯元に連絡取っていただき、
後で連れていってもらいました。ラッキー!



施設に必ずある「エコ灯籠」。各窯元さんの作品が並んでます。
夜に灯りをつけたら綺麗なんだろうな〜。

 

兵庫陶芸美術館のカフェでお茶。



稲右衛門釜のギャラリー。
ここで陶芸教室も開かれています。
時間があったら陶芸体験もさせてもらいたかったのだけど、
今回は時間がなくて断念。残念!
自分が体験してみたかったのもあるけど、陶芸家さんの作陶する姿が見たかった〜!



紅葉も綺麗だったというのに、写真撮れてなくて・・・さすがにもうちょっと撮ればよかった^^;
夕焼け空も印象的。雲がふわーっと流れて。とにかく、空が高〜くて、広〜いの。
こんなところで生活してたら目が良くなりそう〜w



こちらが「陶の郷」で気に入って、窯元まで連れて行ってもらって購入した
「丹波まるいち窯」のお皿。割引してもらっちゃった☆
私の撮った写真だと、この良さが伝わらないと思うんだけど!(><;)
驚いたことに、この作者の陶芸家さんもすごく若い方でした!



こちらは案内していただいた「稲右衛門釜」さんの小鉢。
正確には丹波の土ではないらしいのだけど。色がすごーく綺麗で一目惚れ!
前回購入したお皿といい、青の使い方が素敵なのよねえ。
形はいろいろあったのですが、迷いに迷って、手にしっくりなじむこの形に。
購入して帰ろうと思ったら・・・プレゼントしてもらっちゃった!!
一日案内していただいた上に・・・いい人すぎるでしょう。

そういえば、美術館でも別の陶芸家さんにもお会いする機会があって、
若い陶芸家さん3名にお会いしたことになるのだけど。
みなさん陶芸に熱くて、かつ楽しそうで、生き生きしていて。
古くからの文化の後継者がいないとかよく言われる昨今、
丹波焼って、若者にしっかり受け継がれているんだなぁ〜と思いました。
(でも東京ではあまり知られてないよね・・・?勿体ないなあ)

日も暮れて、近くの大きめの駅まで送っていただき、篠山を後にしました。
上中さん、本当にいろいろいろいろとありがとうございました。
今度また、陶芸体験しに行きたいです☆

つづく。
| 旅行・観光 | 20:39 | comments(0) | - |
丹後・丹波旅行記 宮津編その2


今夜の宿は旅館、高島屋。
じゃらんでやたらと評価た高かったので予約してみました。



お部屋はこんな感じの、普通の和室です。
あまりにも早く着いたので、ひとっ風呂浴びたあとにお昼寝したら?と
女将さんが布団を敷いてくれましたw

さっそく温泉につかり・・・旅の疲れを癒します。
一番風呂いただいてしまいました♪
ちょっとぬるめだったのが気になったけど、癖のないいいお湯でした。

少しお昼寝した後は・・・お待ちかねの夕食。



利き酒セット付きにしちゃいました〜♪いひ。



呑兵衛向きのおつまみwお造りが美味しかった〜。



かにの季節ということで、かにメインのコース。
かにサラダにかに足に、お造りといかの天ぷら。



箸置きもかにの形。お鍋もかに入り!
感動したのは宮津のご飯!甘くて美味しい〜〜〜!!!
おひつ全部平らげてしまいました^^;
千鶴が田村さんのご飯をぱくぱく平らげてたシーンを思い出してしまったw
デザートは日本酒のシャーベット。さっぱりして美味しい。

食後にふたたび温泉につかり。

夜なんだか眠れなくて、テレビをつけていたら関西ならではのネタ番組をやっていて
ちょっとうれしかったりw



朝も朝風呂に使ってからの朝食。多すぎず少なすぎず絶妙な量。
でもこの日は早めのランチの予定があったので、
さすがにご飯は1杯にとどめておきましたよ〜。

つづく。
| 旅行・観光 | 20:37 | comments(0) | - |
丹後・丹波旅行記 宮津編その1


KTRで宮津駅に到着。
「天国〜」で千鶴がタクシーに乗ったあの駅ですね!



このときなんだかすごく珈琲が飲みたくて。
駅前の古い喫茶店でウィンナコーヒーを。
地方に行くと絶対メニューにウィンナコーヒーあるよねw



てくてく街を歩いてみる。山が近くて景色が綺麗。
でも・・・あんまり人がいなくてちょっと不安になる^^;
もっと観光地だと思ってたのに・・・。



カトリック宮津教会。
「天国〜」に出てきたあの教会です。



カッコイイたたずまい。



ステンドグラスが有名みたいで、ちゃんと見たかったんだけど・・・
観光客が誰一人いなくて、中に入る勇気がなかった^^;
教会って、誰でも入っていいはずなんだけど・・・入りづらいんだよね、慣れてなくて。
せっかくだからやっぱり見てくるべきだったなぁ〜うう、後悔。



偶然、あの時計屋さんを発見しました!
狙ってなかったので、なんだかめっちゃテンションあがった!w



旧三上家住宅。ここもロケ地ですね〜。
隣の家なんかもやっぱりレトロな感じで、街に普通になじんでるのがすごい。
ここも観光地のはずなのに誰もいませんでしたw



みやづの方言「今日の夜はなんなんなん?」
私の生まれ故郷の言葉に割と近いんだけど、さすがに「なん」が1個多くね?



海沿いにあったスーパーマーケットに行ってみる。
空がちょ〜綺麗!!!
ここ、千鶴が買い物してたスーパーかなぁ。違うかなぁ。

ここではお土産を買ったり、海が見えるフードコートで海を眺めつつ紅茶を飲んだり。
意外とまったり過ごしてしまった。



のどかな海〜。
スーパーの前がちょっとした広場みたいになってて、ジモティが釣りをしたりしてます。



謎のオブジェ。

さて、ちょっと早いけど、疲れたので宿にチェックインしますか。

つづく。
| 旅行・観光 | 20:35 | comments(0) | - |
丹後・丹波旅行記 天橋立編その3


天橋立ビューランドへはリフトで行ったのですが、
ちょっと寒くなってきたので、笠松公園へはケーブルカーで。
一番後ろのベストな席に座れました!



笠松公園に到着♪
こちらからの眺めは「斜め一文字」というのだそうです。

 

かわらげ投げにチャレンジしてみました。
ええ、すべてあさっての方向に飛んでいきましたとも。



マスコットキャラクターのかさぼう。



天橋立パノラマハウスは、景色を見ながらお食事できます。
ちょっと早めのランチで「海華丼」をいただきまーす!



上から眺めていたら、あっ、リアルかさぼう登場!
みんな写真撮ってるw

お腹いっぱいになったので、さらに山奥の方へてくてくと歩き・・・



眞名井神社へ。パワースポットで有名な神社だそう!



坂をあがって、階段を登って・・・(ゼイゼイ)



到着!
大きい神社よりも、こういう無人の神社のほうが神々しい感じをうけるな。
そして、写真がものすごく綺麗な感じに写るんだよね・・・。(気のせい?)



この石からパワーが出ているとか出ていないとか。
他の観光客がみんな右手をかざしていたので、とりあえず私もかざしておきました。
パワーもらえたかな。うひ。



再び自転車を返却した駅まで戻って、今度こそ観光船に乗ります。



かもめさんの歓迎!



座席のカバーは丹後ちりめんでした。
そういえば、北近畿タンゴ鉄道の座席にも同じようなカバーが。
船の中は暖かくて眠かったw



到着ー。こんな感じの観光船でしたよ。結構たくさんの人が乗ってました。

天橋立エリアは十分満喫したので、ちょっと早いですが、
宿泊先でもある宮津に向かうことに。

つづく。
| 旅行・観光 | 20:33 | comments(0) | - |
丹後・丹波旅行記 天橋立編その2
「飛龍観」を堪能した後は、反対側に行ってみようと、天橋立観光船乗り場方面へ。



その前に智恩寺に立ち寄ってみる。



たまり水を激しく飲んでいた猫。どんだけ喉乾いてるんだ!



喉を潤したあとくつろく猫。

観光船に乗ろうとしたら、出港時間まで結構時間があったので、
レンタサイクル+観光船片道のチケットを購入して、
急遽レンタサイクルで天橋立を突っ切ることに。

はじめに「廻旋橋」という橋を渡るのですが、ここはたぶん
「天国はまだ遠く」で徳井さんと板東さんが話してた橋だと思われます。
そのふもとにあったカフェが福ちゃんが短く出演してたカフェかと。
あとでDVD見直して気づいたので、写真はありません・・・。



こんな松並木の中を自転車でスイスイ漕いでいきます。
観光客がレンタサイクルや徒歩で歩く中、
ジモティと思われるおじさんがランニングをしていたり。



天橋立の中にもちょっとした見どころがあります。
磯清水。
四方を海に囲まれた場所にもかかわらず少しも塩味を含んでいないことから
不思議な名水といわれ、「長寿の霊泉」とされている、らしい。
とりあえず口をすすいでみました。もちろんしょっぱくなかったです。



天橋立神社。
とりあえずお参りしようと思ったら、私の前にお参りしてたおばちゃんが
10分くらい?長い間動かなくて困った・・・。



なかよしの松。
「二俣でバランス良く立っていて仲良くしている様子。」って説明が
書いてあったんだけど、「様子」って・・・。



台風の被害に遭ってしまった松。

端っこまで自転車で20分くらいかな。
自転車を返却して、



元伊勢籠神社へ。とりあえずお参りして、おみくじひいて、御守り買ってみたり。
そしてこの神社の中を通っていくと、傘松公園行きのケーブルカー乗り場があるのです。

つづく。
| 旅行・観光 | 20:31 | comments(0) | - |
丹後・丹波旅行記 天橋立編その1


仕事がべらぼうに忙しかった9月、10月・・・。
11月、ようやく少し落ち着いたのでお休みをいただき、残業代を使ってw
秋の丹後、丹波地方へ旅行してきました!

品川からの夜行バスで、朝7時過ぎには西舞鶴駅に到着。



天気予報では旅行中ずっと雨なんて言われていたけど天気はなかなか。
さすが晴れ女だねっ!

電車の時間までビジネスホテルのカフェで珈琲で時間潰し。
時間潰しのお供はもちろんこちら。

【送料無料】天国はまだ遠く

【送料無料】天国はまだ遠く
価格:420円(税込、送料別)


なぜこのエリアに旅行に行こうと思ったかは・・・

【送料無料】天国はまだ遠く

【送料無料】天国はまだ遠く
価格:4,490円(税込、送料別)


これねw
もちろん旅行前にDVDを見て予習済み。
チュートファンだということを除いても、すごくいい映画で大好きなのです!
こんなページもありますよん。

さて、旅の話に戻ります。



作品の中で主人公が乗っていた「KTR」こと、北近畿タンゴ鉄道に乗って出発〜。
部活に向かう地元の高校生に囲まれながら、景色を見たり本を読んだりのんびりと。



天橋立駅に到着!
この時点でまだ9時前w 観光客は誰もいないし、観光スポットもまだ開いてない^^;



朝の準備をしているお茶屋さんを覗いてみると、いいですよ〜と言ってくれたので
ガイドブックにも載っていた「勘七茶屋」で、



朝ご飯に、名物「智恵の餅」をいただく。食べると智恵を授かるらしい!
ここは「三人寄れば文殊の智恵」の“文殊”という土地なのだ。
赤福餅みたいなもの?と思ったけど、餅が赤福より団子っぽい感じがしたかな。

さて、腹ごしらえも終わり、いよいよビュースポットである
天橋立ビューランド」へ向かいます!



リフトに乗ってぐいぐい登り、たどり着いた先は・・・



絶景!!!

こちらからの眺めは「飛龍観」というらしい。
龍が天に昇るように見えるとか。



もちろん“股のぞき”もやりましたw
言われているほどの不思議な感覚には襲われなかったけど・・・^^;

まだそんなに観光客もいない時間だったのでゆっくりできました。

天橋立ビューランドは遊園地のような施設もあるけど、
景色を堪能するのが目的なので、中には入らずさっさと降りるw



行きのリフトはなんでもなかったけど、帰りのリフトはサイコー!
やっほーーーい!

そんな感じで幸先良く始まった旅。ぼちぼち更新していきます。
| 旅行・観光 | 22:11 | comments(0) | - |
北海道旅行記 番外編 〜いくら祭り〜
akanekoパパママが、空港まで自家製のいくらの醤油漬けと鮭を持ってきてくれたのです!
なんて素敵すぎるお土産なんだ〜〜〜!ありがとうございました!

そんなわけで、東京でいくら祭り開催☆

いくら丼
スタンダードいくら丼。

いくら丼
いくらと鮭の親子丼。

いくら軍艦
いくらの軍艦巻き。食べても食べてもいくら!こんなの夢だった〜!
寿司飯はちゃんと作ったんだけど、のりがなくて韓国のりで代用w

鮭のパスタ
鮭のクリームパスタ。

どれも大変美味しくいただきました。ごちそうさまでした!
| 旅行・観光 | 00:13 | comments(0) | - |
北海道旅行記 〜小樽 急ぎ足観光編〜
タクシーの運転手さんから、
小樽ガラスの発祥は“浮き”だったなんて話を聞きながら、観光エリアに到着〜。

小樽
小樽〜!

ルタオ
ルタオ〜!

ルタオ
もちろんドゥーブルフロマージュだよね☆
新商品のシンデレラフロマージュも気になったけど、カフェにはなかった・・・。
と思ったら、向かいのチーズケーキ専門カフェならあったみたい。残念。

通りはガラスショップばっかりで、アウトレット含めて片っ端から見て回ったけど、
幸愛硝子の余韻が強すぎて、財布の残りも少なかったので結局何も買わずw

とりあえず見ておかなきゃならない小樽運河にも!

小樽
でも時間がなかったので、本当に見て写真撮っただけw
またいつか時間があるときに、ゆっくり運河沿いを歩きたい。

小樽
観光客の方にお願いして撮ってもらった写真。運河写ってませんけど!w

そして、晩ご飯は海鮮に決めてました!
「ことりっぷ」で目を付けていた「澤崎水産」にレッツゴー!

小樽
特選生ちらしだど〜ん!!!
本当は普通の海鮮丼にするつもりだったのに、
「ちょっとウニ味見してみる?」なんて言われて、その甘さにノックアウト!
そりゃウニ入りの特選にするでしょ!極楽でございました〜。

電車の時間までまたお店をぷらぷら。
小樽
なんとなく、私は北一硝子よりも大正硝子のほうが好みっぽい。

そして後ろ髪惹かれまくりつつ帰路につき・・・。

小樽
線路の跡地がそのまま保存されている不思議な道。
線路の上を歩けます。

小樽
線路の内側にタンポポ。やっぱり背高くね?w

小樽
ライラック。

小樽駅から空港へ直行。そして東京へ。弾丸旅行は幕を閉じたのでした。
やっぱり北海道はでっかいどう!土地とか、いろんなものがゆったりしてて素敵。
次回は弾丸じゃなくゆっくり時間をかけて、もっといろんなところに行ってみたいな。

おわり。

あ、帰りに空港で花畑牧場のカチョカヴァロ買おうと思ってたのに、
店が閉まってたんだよねー。
って東京でも買えるんだっけね?w
| 旅行・観光 | 00:04 | comments(0) | - |
北海道旅行記 〜小樽 幸愛硝子編〜
「小樽公園」のすぐそば、という情報を頼りに目的のガラス工房に向かうのだけど迷いまくり・・・。
途中で工房に電話して道を尋ねたりもしたのだけど、公園が広すぎて公園の中で迷う羽目に^^;
携帯のGPS機能を使えばいいということにようやく気づき(遅っ)、
30分くらいかけてなんとかたどり着いたのは、

幸愛硝子
古い建物(小樽焼の釜だったそう!)を改装した素敵な工房・ギャラリー。

幸愛硝子
幸愛硝子
「小樽」「ガラス」で検索して見つけて、一瞬で心を打ち抜かれたのです。
たどり着けてよかった!(涙)

幸愛硝子
きゃ〜〜〜!色とりどり!キラキラ!素敵すぎ!

幸愛硝子

幸愛硝子
吹きガラスでこんなにハッキリした色をふんだんに使うのってめずらしいと思う。
ネットで見てるより、実物はもっと素敵だった!

ギャラリーには作家さん自身もいらして、いろんなお話ができて楽しかった!
小樽出身の方じゃなくて大阪の人なのは意外だったけどw(旦那様が小樽の人らしい)
自分のガラスの先生の知り合いだったことが発覚したりw(世の中狭すぎ!)
インテリアもアンティークで素敵で・・・ananekoちゃんはむしろそっちに食いついてたりw

人気商品のドロップペンダント。
幸愛硝子
いや〜ん、もう、乙女心直撃!!!

ハートを打ち抜かれたのは私だけではないようで、他の2人も目がキラキラw
見た感じと、光に透かして見た感じと、付けてみた感じで全然表情が違うので、迷いまくり!
(鹿児島のガラス工房でも同じような光景を見たw)
結局3人とも、気に入ったタイプをひとつずつ購入させていただきました。

私のはこれ!「Fantasy - 想」というタイプ。
幸愛硝子
虹みたいにいっぱい色が入ってるのです〜。

光の入り具合や角度によって雰囲気が変わるから、見ていて飽きない☆
幸愛硝子

幸愛硝子

幸愛硝子

幸愛硝子
偶然リン様が映り込んだら、なんだかいい感じの写真になった☆

ドロップピアスもあって迷いに迷ったのだけど、価格的にペンダントの方に。
どうしてももう一つ欲しいものがあったので・・・。

それがこれ。
幸愛硝子
ジュエルグラス。

幸愛硝子
色とカタチに一目惚れ!
グラスはいっぱいあったけど、これだけが変形タイプ。
中央のテーブルにおいてあったので非売品かと思ったら売り物だったので即決しちゃった。

いっぱい刺激をもらって、いっぱい勉強になりました。そして癒されました☆
私もいつかこんな工房とかギャラリーとか持ちたいなぁ〜・・・。
そういえば、お願いしたら工房も見せてもらえたのかな。見てみたかったなー。

そんなこんなで、1時間以上はギャラリーにいたかも?
おかげで残りの小樽観光の時間が少なくなってしまい(そもそも道に迷ったからw)
タクシーを呼んでもらって観光エリアに向かうことにしたのでした。
つづく。
| 旅行・観光 | 00:03 | comments(4) | - |
mayringlass
mayringlass
ガラスブログもあります☆
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE